広島大学大学院工学研究科 | 建築耐震工学研究室 Earthquake and Structural Engineering Laboratory | Hiroshima University

Earthquake and Structural Engineering Laboratory | Hiroshima University

研究室概要

建築耐震工学研究室は広島大学大学院工学研究科に属しており,安全な社会基盤やシステムの整備や,地震災害時における建築構造物の被害の防止・軽減を実現するため,特に鉄筋コンクリート構造を専門とした研究を行っています。鉄筋コンクリート構造物は自由な形態の創造や長寿命が利点であり,社会に広く用いられています。しかしながら,その性能に関しては未だ十分に整理されていない点が多く存在しています。安全・安心な社会の形成において,鉄筋コンクリート構造物の性能を把握することは重要な課題であり,ライフサイクルや環境性能を考慮した鉄筋コンクリート構造物の実現が望まれています。

本研究室では鉄筋コンクリート構造物の耐震設計,補修・補強技術等に応用するための研究として,実験や解析を通した鉄筋コンクリート部材の地震時挙動把握や鉄筋コンクリート造建物の耐震性能評価等をはじめとする理論的かつ実用的な研究に取り組んでいます。本研究室では,現在以下の研究に取り組んでいます。

研究テーマ

  • 鉄筋コンクリート造非耐力壁を有する架構の耐震性能評価と建物応答
  • 加速度計を用いた鉄筋コンクリート造建物の耐震性能評価
  • せん断破壊する鉄筋コンクリート部材の破壊メカニズム
  • 2次壁付き部材の圧縮領域における拘束効果と性能評価
  • ミャンマーにおける鉄筋コンクリート造建物と伝統的文化財の耐震性能評価
当研究室に興味がある学生の皆さんへ

建築耐震工学研究室では学内外を問わず,随時学生を受け入れています。当研究室に興味のある方は,連絡先までお問い合わせ下さい。

検索